ミドリムシとは

ミドリムシと聞けば理科の実験を思い出しミドリムシを口にしようとは思いません。ミドリムシはユーグレナとも呼ばれています。体長は0.05㎜で名前の通り体は緑色で、虫と名前につきますが体の中で光合成を行い、尚且つ体に細胞壁がなく繊毛運動で動くので植物性とも動物性とも言われます。太陽・水・二酸化炭素の中で育ち淡水にいます。水田や沼などに生息していて藻の仲間になります。動物性と植物性の性質を持って居るミドリムシは両方の栄養素を持っています。食べ物としての摂取の他に燃料としても開発が進んでいます。

ミドリムシにはアミノ酸が18種類、不飽和脂肪酸13種類、ビタミン類13種類、と含まれておりキノコなどに含まれるパラロミン7種類と多くの栄養素を含んでいます。細胞壁がないミドリムシは食べ物よりも消化率がいいのでサプリメントや植物に含まれています。とても高い栄養価のミドリムシは栄養失調状態の人が摂取すると高い効果を発揮します。ミドリムシのサプリメントだけで栄養を補う事は難しいですが、食べ物と一緒に摂取すればとても素晴らしいものです。

ミドリムシは様々な健康効果をもたらしてくれます。便秘改善や免疫力が高まり風邪などが引きにくくなります。ミドリムシにしか存在しないパラミロンはスポンジの様に穴が開いていて老廃物を吸収し体外に排出してくれます。健康にも美容にも色々な所で力を発揮してくれるミドリムシの栄養価を詳しく解説します。